オペラグラスには重すぎる

見た舞台の感想とか、日常とかについて書ければ

いろいろガジェットをそろえてみたという話

先日のプライムデーで、以前からほしかったガジェットを一気に購入し、今ちょうどそれが届いたのでテストがてら記事を投稿してみました。

 

●何を買ったの?

 

・Fireタブレット HD10→動画鑑賞・電子書籍(小説も漫画も)閲覧・簡単な文章作成の全部をしたかったので大きめに。前Xperiaの8インチ持ってて、便利だけどスマホでよくない?と思うこともあったので大きめにした。なお、そのタブレットは落として破壊してしまった。めちゃくちゃ気に入っていたのに・・・

Logicool K380 キーボード→持ち運ぶ用のキーボード。折り畳みはできないのでちょっと大きいけど打鍵感がよさそうだったので。これもこのキーボード使って書いています

・Fireタブレットカバー(公式)→確実に裸だと落として壊す上に、他のメーカーの買って合わなかったらどうしようという不安にかられて・・・

・ガラスフィルム→おすすめされていたやつから手頃なのを1枚(雑)

・FireTV Stick→Stickじゃない方にしようかと思ったけど、家のテレビ、4K対応してなかったわ。あと失敗しても痛くない値段だった

・Anker Soundcore Spirit→ジム用に購入。音質は元々そんなにこだわりないので、モバイルバッテリーでお世話になっているメーカーで。Ankerは不具合あるとすぐ無償交換してもらえるからそれも便利

 

●小一時間使った感想

 

・FireTV Stick、神では?Prime VideoもNetflixも、あと私は退会したけどdアニメストアにも対応してるとか、家で何でも見られる・・・便利・・・Spotifyも再生できるしYoutubeも見られるからテレビのでかい画面で筋トレもできる・・・家にずっといてもこれでへーきへーき

・Fireタブレット、確かに分厚いけど値段からしたら許容範囲。9月ハワイ旅行するときはこれにガンガン動画を落としていきます

・キーボードは英語と日本語入力の切り替えに手間取るけど慣れたら楽そうだな。ちょっと手が疲れる

・Anker Soundcore Spiritはジムでのランニングで音が途切れないといいな~。今度試します。

 

今のところ導入してよかったな、という感じです!これを機会にもう少し発信頻度あげたいですね。

2018年上半期をざっと振り返る

しばらくさぼっていたせいで何をどうやって書けばいいかな…と思っていたのですが、ちょうどいい日なので上半期の振り返りを

 

2018年1月

ピカレスク☆セブン

前ちらっと書いたので詳細なし

・ミュージカル「マタ・ハリ

大阪まで観に行った甲斐がありました。また見たいしなぜ円盤化されてないのか理解に苦しむ。普通に歌が脳内再生できる……見せてくれえ……

 

2018年2月

・ミュージカル「マタ・ハリ

退院してから「おや…この体調ならいけるのでは…?」と行って、後日「うう……」と苦しんだけど、わざわざ足を運んだ甲斐がありました 大阪と演出がまた変わっていて東京版も最高だ…!となりました だから円盤出してください

・LikeA

これも退院して割とすぐ行ったな…無茶したな…と思う

個人的にはあまり刺さらず。ただ皆さん歌がうまいし、主人公がぎりぎりで踏みとどまって、「単なる暴れん坊」じゃなくて「繊細な何かを持っている人間である」というのがわかってよかったです。例の美女のシーンについてはもにょった方の人間です

 

2018年3月

特に観劇せず

職場復帰したのでそちらで終了

 

2018年4月

・ロックミュージカル 5DAYS

個人的にはとても好きでした……!ほかの人が演じるのも見てみたいし再演もしてほしい……。

・エン☆ゲキ 「ザ・池田屋!」

SS席を取ったらまさかの最前ドセン、そして私はLINE LIVEを見ていなかったので、キンブレもなにも持って行かず、スペシャルライブに手ぶらっていうなんていうか色々もったいないことをしました…申し訳ない… 鈴木勝吾さんはすごいなあ(すごいなあ)をひたすら感じていましたし松島庄汰さんはかっこいい、中島早貴ちゃんはハジけ方がすごい、キャスト全員実力があって安心して見られるなあと思いました

 

2018年5月

・ミュージカル 薄桜鬼志譚 土方歳三

私は前シリーズの薄ミュに強い思い入れがない人間なので(原田編を見たのみ)フラットな?状態で見られたかなと思うのですが、自分としては好きな方の作品でした…。

というか自分が前の筋肉ダンスの部分(前の土方歳三編にあったのかどうかも私は見てない不勉強な人間です)について、どうやって受け止めればいいのかわからず虚無になっていたので、そういうのがなく、基本的にシリアスに話が続けられるだけで自分は安心して見られたという……。(ペダステのお笑いのパートとか、唐突に挟まる笑いのシーンとか、特に話に関係のない裸のシーンとかが挟まると自分の感情の持っていき方がわからなくなって非常につらい人間の話です)

後は「うう…前より歌がうまくなっている…(個人比)」とか感じて最初から泣いていたのでダメですね(フラットとは????)

元々薄桜鬼が好き/薄ミュの前シリーズが好き という人間ではないのでこういう書き方になって申し訳ないです (嫌いという意味ではないです)

そしてやっぱり山南さん編をよろしくお願いします

 

・386感謝祭

武道館店の開店待っています

 

 

2018年6月

・舞台刀剣乱舞 悲伝 結いの目の不如帰

初日はTDC中継、あと6/21に京都で観劇しました

初日は混乱しっぱなしだったけど2回目はさすがに落ち着いて観劇できた……。

東京凱旋もいけたら行きたいなあ

 

 

考察とかまったくない雑な振り返りでした

入院とかしたので体調優先・おかねはだいじにという感じですね

とはいえ夏は「マリーゴールドありますし秋は「まさに世界の終わり」を観に行きますし「命売ります」もあるし、、、

 

ゆるゆる楽しんでいこうと思います!

小ネタもろもろ

1月に子宮筋腫の手術をして、2月は自宅療養、そして今月からついに復職。

最初は「自宅療養1か月もあると飽きちゃうだろうな~~」と思っていたけれど、全然そういうことはなく、今は本当に会社に行きたくないです。やだ~~~~

ただ、ブログ、ガンガン更新しちゃお!とか甘い考えで、全然文章が書けませんでした。文章考えるのって体力を使う。手術直後とか、ツイッター見るのも(見るなよ)しんどく、ようやく「よっしゃブログ書いたろ」っていう気力と体力が戻ってきました。

以下、とりとめもない小ネタです。

 

・ネットフリックス楽しいですね

久しぶりに登録しました。最初は「フラーハウスでも見てみようかな…」って思っていましたがたまたま見かけた「ハイ・ライフ」というドラマにハマってしまい、2月後半はこれ見て笑い転げてた。埋め込みリンクはなぜか原文ですね。南カリフォルニアの大麻薬局を舞台にしたコメディで、強烈なキャラクターしかいません。

 

www.netflix.com

 

「ハイ・ライフ」、みんな何か「うまくいかない」し真正面から立ち向かわないし、でもそういうキャラクターが愛しくて仕方ないんだなあ。そういう作品が好きだと改めて気づきました。

 

・「グランギニョル」立ち向かえない問題

グランギニョル、好きなんですけどね。去年の夏に「もっと見たかった」ってひっかかってから屈折してしまった。もうそろそろ大丈夫かなって思っていたけど、2月の末満さんニコ生で行われた同時再生祭り、やっぱ途中でキツい、再生できないってなって閉じちゃいました。自分の中で満足できる回数入れないとダメですね。新作「マリーゴールド」ではそういうことがないようにしたい。

 

・橋本淳さん『諧謔的見地』ようやく読みました

これは私信です。諧謔的見地は別記事を上げます。1月のイベントの話を3月にするという……。

 

 

夢に見る

しょーーもない話です。


応援している俳優さんとは別の俳優さんが夢に出てきてびっくりした。ちなみにその俳優さんは、応援している俳優さんと共演していて「はー笑顔が可愛いですね」って思った程度で5mmくらいしか知らない。SNSも特に見てない。

内容は劇場が爆発して逃げてる途中に声をかけられる……みたいな荒唐無稽なもので、夢の中で既に「応援している俳優さんではない……どうして私はここに……?」って思ってたのがおかしかった。

起きてからなんとなくググって俳優さんのホームページ見てたら、「あーー多分『異性として見たとき』に好きな顔なんだなー」って感じでした。遅い。同じクラスとか職場にいたら、バレンタインにチョコあげてしまうかもな感じ(そして相手は別の素敵な女性と結婚する的な………)(自分の妄想の中でさえ自分を幸せにできないと言うか、都合よい妄想ができない自分の暗さ……)

いわゆる推し、応援している俳優さんは異性として好みのタイプの顔かどうか?みたいな話があるけど、自分の場合はただただ「美しい」「(全身を見て)プロポーションがすごい」「可愛い」「細い」etc……ってなるし、特にひとりは事故とか(役柄に)崇拝(?)みたいな感じなので、ただただ客席から見ていたい、という気持ちが強い。うん………(先日見に行ったミュージカルのことを思い出しています)(最高でした)

自分でも予測してないところの俳優さんが夢に出てきたことから、応援している俳優さんについて考えるきっかけができた。

同時に、自分は「好みの顔かどうか」より「脳に刺さる刺激」「歌声が好み」とかそういうほうが大きいんだな……と思った。常に予測を超えてこられるので………。

ミュージカルマタハリ見てきましたという話

ミュージカルマタハリ日本初演初日、2日目行ってきました。

まだうまく文章に出来ないので、自分の中でキーだろうなと思ったことを書きます。ネタバレ要素含みますのでご容赦ください。

続きを読む

気持ちの整理です

先日の記事は下書きに戻しました。スター頂きまして、ありがとうございました。

戻した理由ですが、あとから読み返して自分でも感情的で読みにくいと思ったのと、批評にもなんにもなってなかったなあ…。と反省したのがあります。お見苦しい文章をお見せして申し訳ありませんでした。

また、作品をすごく楽しみにされててこれから見るという方もいたのに、配慮に欠けていました。こちらも大変申し訳ないと思いました。(書き添えておくと、配慮しろ!消せ!みたいいなのは一切なく、自分の考えと判断で下書きに戻しています。また、自分は申し訳ない、と考えていますが、他の方に強要するものではありません。自分の発言は自由にする、というのは守られてしかるべき権利ですし、それこそ自由なので。自分の観測できる範囲において、私は配慮をするべきだったと感じたし、出来なかった自分を恥じています)


ただ、あの記事を書いて、反応を頂いて、色々自分でも再度考えてみたんですが『他の地方の祭りを楽しむには、その文化の文脈を知らないと完全には楽しめない』というのが自分の中での結論になりました。文脈を知り、再度見たら楽しめるのかもしれませんが、あくまで自分の話ですが、そこまでして『好きにならないといけない』というウェイトを置くまでには至らなかったです。好きになりたかったですが。これ以上あの作品について語るのはやめにします。そして、次の作品については心の底から楽しみにしています。

2017年後半に見た作品についてゆるっと感想&振り返り

下半期に観劇したものや足を運んだものについてさくっと書きました。

完全に自分の好みで☆をつけてます。
全てを褒めているわけではないのでご容赦ください。

※また、手元に今チケットファイルがないので行った日とかはまた別途。


7月

CLIE Summer Festival 『Club SLAZY』 Song Collection Screen LIVE Ⅱ 
☆☆☆

公演のショータイム&2016年Special Liveの映像からの編集された映像を見るだけですが、普段の公演ではできないペンライトを振るとか、Lazyたちの名前を叫ぶとかできるのがミソです。去年よりシーンのつなぎ目がきれいになっていて、ストレスが減りました。

トークショーもチケット取ってたけど、仕事で行けず。ようやくドラマの詳細出てキャーキャー騒いでました。今月1でSLAZYが見られる世界にいるのが嬉しい。

最近ドラマのイベントが直前で開催されなくなったり、物販の手配が遅くなったりで不安ですが、Like Aの方に完全移行するのかな…寂しいですね。

話がそれた。

 

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs立海 ☆☆☆

初めてテニミュに行きました!事前に原作を一気読みしていったので話の行き先は知っているのですが……試合シーンはらはらしました。また、「イリュージョン」のシーン、キャストのお二人が背格好が似ていたせいか、「ええっ!」って驚きました……漫画のモブキャラの反応を……。隣の席に子ども2人?くらい連れた方がいらしていたのですが、子どもさんはすごくおとなしく、きょ、教育されてる~!って思いました。しっかりしているなあ。長いよね。

事前にテニミュ好きの方から「思わず笑っちゃうシーンがあるかと……」って言われたのですが、笑うより先に度肝を抜かれました。えっ?磔……?その体勢でどうしてそんなに声出るの!?

 

舞台 「黒子のバスケ」 OVER-DRIVE ☆☆☆
これはライビュで見ました。知人のチケ取り協力したら良席が取れたため、知人のおごり(??)です。黒バスは原作を以前全部読んだ程度で特に推しキャラはいなかったのですが……青峰くんと黄瀬くんの戦いがすごく好きになりました。あと太田基裕さん演ずる花宮真、同情や泣きを「誘わない」最高に色気のあるヒールでした。

 

8月
ピースピット 2017年公演 「グランギニョル」 ☆☆☆☆と半分

これは本当に自分が悪いんですが、もっと見たかった。チケ取りなんでもっとがんばらなかったのか、悔しい気持ちが先に立ってしまって未だに冷静になれません。
あと、スタオベについてもちょっと考えてしまった。
作品は……いろんな性癖大爆発でしたね……。

 

少年社中「モマの火星探検記」 ☆☆☆
松田岳さんのダンスと輝馬さんのキャプテンに目を奪われました……。あとモマね……好きになれる主人公ではないかも……って思ってたけど最後めちゃくちゃ好きになってた……。ユーリはとってもキュート!ただ、ユーリのお母さんが改心するところが個人的には唐突感あって……いやあれだけ陰湿な嫌がらせやら娘に対してどうしよもないことぶつけておきながらそんなコロっと改心する……?と感じてしまった。

 

9月
舞台「マスカレード・ミラージュ」 ☆☆☆
ご縁があって行かせていただくことに。太田さん、生きている人間のはずなのに「機械人形」の「少年」というのが見事にハマっていてびっくりしました。脳が混乱した。染谷さんは「探偵役の貴族」っていうそれ…8月にも見たような…?って思ってしまってさらに混乱してしまった。1部と2部の間に休憩なく突然レビューだったので驚いた。衣装は……

 

10月

シンガポール旅行と仕事で観劇できてない月。

ドラマSLAZYの放映が心の支えでした。

386感謝祭、楽しかったです~!

ここから夜勤が多くなり、体力や精神を試される日が増えてきます。

 

11月

泪橋ディンドンバンド2 ☆☆と半分

去年あれで終わりじゃなかったんか~~い!!村田君が去年は「こんな広い劇場初めてです……」って言っていたのに、今年はたくさん現場を踏んだためか、堂々としていておばちゃん心がくすぐられました。成長。応援している俳優さんはドドド多忙のなかどうするんだ?と思ってたのですが、えっ出番短いと思ったら割と出る…ね…?となりました。事務所不信が強まってしまった……

お話はまとまっていて、笑いと涙の人情物。だけど、めっちゃ事務所の人間関係を反映させているので、内輪ネタはないものの、全く知らない人に薦められるかどうかと思うと悩む。

 

ミュージカル スカーレット・ピンパーネル ☆☆☆☆☆☆☆☆

11月~12月にかけて見に行きました。足を運ぶ度に楽しめる作品でした。なんで円盤出ないんだろう……せめてCDが欲しい!演出が変わったということですが、去年見てないから分からず。悔しい。私が特に好きな歌は「マダム・ギロチン」「疑いのダンス」、「隼のように」、「炎の中へ」……って全部では?ショーヴラン様大人気でしたが私も例に漏れず大好きです。応援している俳優さんは衣装がも~~~~~~めちゃくちゃ映えているし(なんでブロマイドあと20種類くらい出さなかった???)、デュハーストの歌声に重なる声を聞いたときにぞくぞくしました。パンを使った殺陣やピンパーネル団の中でかわいがられているところとか全部良かったです。今回ずっと固定カメラしていました……。

ピンパーネル団には支配人代理でお世話になっている(???)藤田さんもいらっしゃり、ステッキをくるくる回すところは流石……!!って思ってしまいました。あと、エルトン役の多和田さんは今回初めて観たのですが、お顔がちっちゃくてスタイルが良く、ダンスがうまく、コミカルな演技も素敵でした。文ステも見に行きたいな~と思いましたが予定が合わず断念。

11月も386感謝祭に参加しました。音楽クイズ、毎回ミックスされる音源が「どこで見つけてきたの??!?!?」みたいな曲で面白いです。

 

12月

モーニング娘。17' 工藤遥卒業スペシャ

ことし仲良くさせていただいたカップルのお二人から娘。(というかハロプロ)の布教を受け、「行きたいです~!」と行っていたら……なんとチケットを取っていただけました……。北東ブロックというステージ裏の席だったのですが、メンバーがふりむいてファンサをくれたりして特別感のある席でした。これはどこかでまとめたい……

 

舞台刀剣乱舞 外伝 此の夜らの小田原 ☆☆☆

これは配信で見ました。当日はスカピン見ていたので、ディレイで見よ~!って思っていたら購入期限過ぎて見られなかったというアホなことを……。早川君のダンスが見たかったなあ!?!っと思っていたら最初の舞でやられました。ありがとうございます。早川一矢くんは去年SLAZYの推しNJだったので、グランギニョル→刀ステで見られて嬉しかったです。お話も面白かったけど、雨降ってるし寒いし、改めて演者も当日小田原に行った方もお疲れ様ですという気持ちのほうが先に立った。

 

舞台刀剣乱舞 ジョ伝 三つら星刀語り ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いや~~~~~~~~~今年最後(じゃないけれど)にこんな良い作品に出会えるなんて~~~!!!推し刀の物語をこんな最高の脚本で見られるって恵まれすぎて死ぬ……。語彙が死んでます。東京初日のマチネを劇場で、あと大千秋楽をライビュで見ました。劇場は1日しか行けなかったけど、4列目のセンター上手よりっていうめちゃ見やすい席だったので悔いなしです。…いやもっと公演期間延ばして!?っていうのはあるけど

初日マチネ、ギリギリまで構成もタイトルも何もかもが謎に包まれていて、何もわからないまま見ることができて良かった。また、過去作を見返す楽しみができて良かったです。夏の義伝・グランギニョルから冬のジョ伝まで、末満さんの作品世界にガンガン揺さぶられる幸せを感じています……。

いろんな方の考察や感想見てると自分は書かなくていいかな?って思ってしまうのだけど、これもまたまとめたいなあ。

刀ミュと刀ステの話もしたい~!トライアル公演に行ったのがきっかけで、「2.5ってすごい……!」とその世界を知ることができたので。今の自分にとって比重は刀ステのほうが大きいのですが、刀ミュは自分の世界を開いてくれた作品なので思い入れがあるのです。ミュ本丸の清光がいなかったら、私は見もしないで「2.5ってちょっと……」って言ってただろうし、今こうやっていろんな作品を見に行きもしないし、応援している俳優さんと出会うこともなく、暗い人生を送っていたんだろうな、と思うとぞっとします。

わ~~長くなってしまった。

いつも「見に行きたい」「まとめたい」の「~~たい」続きだけど、もう明日(というか数時間後)に控えている来年は、「~~たい」を削っていこうと思っています。

「~~と思っています」もいい加減取りたいけどね。ブログでは頭を使わずに文章を書きたく……(使え)校正もしてないし。まあここはまた考えましょう!(先送りだ!)

 

 

素敵な作品に出会えて良い1年でした。来年はもっといろんな作品を見て、自分の人生ももっと前向きにしていく所存です。

 

さて、これからるひまカウントダウンに行ってきます!初るひまがカウントダウンです……!楽しみだなあ。